義歯なのに本物の歯より臭うの?

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。