月別: 2016年2月

手術では他の歯に触れていなくても、インプ

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。 麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。 しかし、原因が他にあるこ... Read More

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。 外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。その全... Read More

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。 実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。 ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を... Read More

検査から治療後のメンテナンスまで、イン

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。 なぜならインプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。 手術の前後には様々な処置... Read More